×

CATEGORY

HOME»  薪ストーブの設置方法PART3

薪ストーブの設置方法PART3

基本の薪ストーブの設置は、こちらをご覧ください。

屋内の薪ストーブの設置は、壁から1メートル以上離します。
また、薪ストーブの半径1メートル以内に壁、可燃物には置かないでください。
さらに、床も必ず断熱用のストーブ台を置くか、レンガ施工が必要となります。

しかしながら、今の住居環境では、なかなかむずかしいです。
その場合は、こちらをご参照ください。⇒薪ストーブの設置方法PART2

さらに壁への断熱には、他の方法があります。

衝立を置いて、断熱します。その際の温度を測定しましたので、ご参照ください。

薪ストーブの種類により、衝立、そのまわりの温度が異なりますことご了承ください。

①薪ストーブを壁に近づけるために壁との間に黒色の衝立を置く

薪ストーブを壁に近づけるために壁との間に黒色の衝立を置く

モルソー ウォールヒートシールド<1200>
サイズ D:20.3cm×W:91.4cm×H:130cm

②薪ストーブから40㎝のところに衝立を置いてみた

薪ストーブから40㎝のところに衝立を置いてみた

衝立表面温度 107度

③衝立後ろの温度測定はつるして計測

衝立後ろの温度測定はつるして計測

④薪ストーブから40㎝のところへの衝立の後ろ側温度は?

薪ストーブから40㎝のところへの衝立の後ろ側温度は?

温度 30度

⑤薪ストーブから20㎝のところに衝立を置いてみた

薪ストーブから20㎝のところに衝立を置いてみた

衝立表面温度 174度

⑥薪ストーブから20㎝のところへの衝立の後ろ側温度は?

薪ストーブから20㎝のところへの衝立の後ろ側温度は?

温度 36度

  • お電話
    0134-22-4569
  • 所在地
    〒047-0043
    北海道小樽市豊川町3-5
  • Instagram
  • Facebook