薪ストーブの新保製作所

薪ストーブの新保製作所 薪ストーブを製造、販売

billingual

 

Instagram    Facebook
SNSで活用事例をチェック!

 

無料お見積り

 
ロマンチカル薪ストーブ
 
薪ストーブの製作工程動画
 
薪ストーブについて
 

ブログ紹介

こんにちは。
店長の新保孝行と申します。

新保店長

 

当店の商品の特徴は、リーズナブルな価格でありながら本格的な薪ストーブのあたたかさをお楽み頂ける点にあります。
アウトドアなどでの使用では、火と人と自然の在り方を感じていただくこともできます。

お客様が薪ストーブ生活を始めようとするとき、不安や期待が入り混じって、ワクワクする気持ちになるものです。

そんな時、当店から商品のアドバイスをさせて頂ければ幸いです。このページが、新たなる生活の序章となりますことを願っております。

店長ブログは、店長に代わり、妻智代が担当いたします。
宜しくお願い致します。
 

店長の妻日記はこちら

メルマガ登録

 

スマホページ

HOME»  薪ストーブについて»  薪ストーブを安全に使用するための注意

薪ストーブを安全に使用するための注意

薪ストーブを安全に使用するための注意 (1) 壁、床の断熱をして下さい。
   
(2) 可燃物(洗濯物、カーテン等)や爆発物(スプレー缶等)を薪ストーブの近くに置かないで下さい。
   
(3) 薪以外の燃料(石炭、ビニール、プラスチック等)は絶対に燃やさないでください。

燃やすと高温になり、薪ストーブが変形したり、穴があいたり、有毒なガスが発生したりするので危険です。

木とはいえ、接着剤使ったコンパネも高温になるのでやめて下さい。
また着火の紙の使用はよいですが、大量に燃やすと煙突のつまりの原因になります。
   
  (4) 煙突掃除は年に1回以上は行って下さい。薪によって、煙突の設置の仕方によってまめに煙突掃除が必要になることもあります。
   
(5) シーズン始めに薪ストーブの点検をしてください。鉄板に穴があいていたり、火止めが焼ききれていたら、買い替えをして下さい。
   
(6) 燃焼時の薪ストーブ本体、煙突にさわらないで下さい。やけどをします。
   
(7) 薪ストーブの近くに消化器を置き、いざという時に使える状態にしておいて下さい。