薪ストーブの新保製作所

薪ストーブの新保製作所 薪ストーブを製造、販売

billingual

 

Instagram    Facebook
SNSで活用事例をチェック!

 ◆店長の妻日記はこちら
 

無料お見積り

 
ロマンチカル薪ストーブ
 
薪ストーブの製作工程動画
 
薪ストーブについて
 

ブログ紹介

こんにちは。
店長の新保孝行と申します。

新保店長

 

当店の商品の特徴は、リーズナブルな価格でありながら本格的な薪ストーブのあたたかさをお楽しみ頂ける点にあります。
アウトドアなどでの使用では、火と人と自然の在り方を感じていただくこともできます。

お客様が薪ストーブ生活を始めようとするとき、不安や期待が入り混じって、ワクワクする気持ちになるものです。

そんな時、当店から商品のアドバイスをさせて頂ければ幸いです。このページが、新たなる生活の序章となりますことを願っております。

店長ブログは、店長に代わり、妻智代が担当いたします。
宜しくお願い致します。
 

店長の妻日記はこちら

メルマガ登録

 

スマホページ

HOME»  »  キャンプセット脚長さんⅢ

キャンプセット脚長さんⅢ

脚長さん
 

”薪ストーブの脚を長くしてほしい”というご要望にお答えして作りました。
 

角型薪ストーブの脚を長くして、キャンプ場では芝生などの地面の保護、
屋内では床から高くなり、薪やりが楽になります。

 

薪ストーブの脚にドリルでネジ穴をあけ、4本の脚長さんの穴に薪ストーブの脚をかけて、ネジで固定します。
 

■材質      鉄製
■材厚      0.4mm  
■全長      260mm
■重量      2㎏(脚4本分一式)
■塗装      黒色塗装

地面から薪ストーブ底面の高さは、タマゴ型薪ストーブは26センチ、角型薪ストーブは27センチになります。
薪ストーブに直接脚がついていないので、薪ストーブを買い替えした時は、この脚を再度使用できます。

 

取付のために用意するもの    ドリル(ドリルの刃は鉄工用径6.5ミリ)・トンカチ・
(取付方法は下記にて掲載)   センターポンチ(又は5寸釘)・マジック・スパナ10番 2本
 

※ 薪ストーブを一緒にご購入の際には、弊社でネジ穴をお開けします。その際にはご連絡をください。
  この場合の取付に必要なものは、スパナ10番 2本が必要になります。


 

脚長さん

脚を内側につけた場合
 

かわいいカンジになります。

 

脚は、黒色メッキ塗装なので、窓枠の黒色とあわせてアクセントになります。

   
脚長さん

脚を外側につけた場合
 

今にも歩き出しそうです。

<<送料について>> 送料料金表はコチラをクリック
脚長さんⅢ送料サイズ    10
送料サイズ180までの場合は、商品に記載されている送料サイズの合算になります。
送料サイズが180を超える場合や薪ストーブ・煙突・その他関連商品をまとめて買われる場合は、
送料は送料料金表の適用外になります。後日、こちらから送料についてご連絡致します。


※ 下記にも脚長さんの取付方法ものせていますので、よろしければ、ご確認下さい。

  • <<キャンプセット脚長さんⅢ>>

     

    <角型薪ストーブの場合>    
    脚長さん    
    脚長さん    
    脚長さん    
    脚長さん    
         
    <タマゴ型薪ストーブの場合>    
         
    脚長さん    
    脚長さん    
    脚長さん    

     

  • <<キャンプセット脚長さんⅢの取付方法>>

     

    ※ネジ穴が開いている場合はボルトをネジ穴に入れるところからご覧ください。

    用意するもの  ドリル(ドリルの刃は鉄工用径6.5ミリ)・トンカチ・
              センターポンチ(又は5寸釘)・マジック・スパナ10番 2本

     

    薪ストーブの脚 薪ストーブの脚 薪ストーブの脚
    薪ストーブ本体が傷つかないようにシートをひいて、横にする。 薪ストーブの脚にネジ穴を開けるので、材木で固定をする。 脚長さんの脚穴に元脚を入れ、脚同志を密着させる。
    薪ストーブの脚 薪ストーブの脚 薪ストーブの脚
    脚が密着していることを確認後、マジックでネジ穴に印をつける。 センターポンチまたは、五寸釘、なければ、太いくぎを用意する。 センターポンチを印にあて、トンカチでたたき、軽く穴を開ける。
    薪ストーブの脚 薪ストーブの脚 薪ストーブの脚
    小さな穴にドリルの先をひっかける。 穴を開ける。ネジは6ミリなので、6.5ミリのドリル刃を使用。 脚長さんをあて、ボルトにワッシャーを通して、ネジ穴にさす。
    薪ストーブの脚 薪ストーブの脚 薪ストーブの脚
    下からナットで留めて、スパナで両側から、強く締め付ける。 4箇所を同様にして、取付ける。脚長さんの脚先を内側にしたい場合は逆につける。

    ネジにゆるみがないかを確認して、完成です。

     ※注意 元脚を脚長さんの脚穴に入れて、しっかりと脚ネジで固定してください。
          緩んでいますと薪ストーブが倒れて、火災や火傷などの事故につながります。

関連商品